純文学でおすすめの小説教えてくれよ

1: 2017/10/11(水) 19:00:13.377
ただスケールの大きなやつで頼む
個人の内面をあれこれ書いたようなのじゃなくてさ

2: 2017/10/11(水) 19:00:43.837 BE:578761237-PLT(12030)
海辺のカフカ

3: 2017/10/11(水) 19:01:19.545
>>2
デビュー作から順に読んでるんだけどまだそこまでたどり着いてないわ

5: 2017/10/11(水) 19:01:32.587
それなら海外文学だなぁ
ジャップ文学は心の機微()とやらをネチネチとウェッティに書き綴るだけだから

10: 2017/10/11(水) 19:04:48.423
>>5
やっぱり海外の方がスケール大きいよね

7: 2017/10/11(水) 19:02:19.425
豊穣の海

10: 2017/10/11(水) 19:04:48.423
>>7
まだ読んでないけど絶対面白い
遺作だからいつ読もうか迷ってるんだよね
とりあえず今は禁色読んでるんだけど

9: 2017/10/11(水) 19:04:00.871
失われた時を求めて

17: 2017/10/11(水) 19:07:56.621
>>9
長いだけでストーリーはそんなスケール大きくなくね?

11: 2017/10/11(水) 19:05:33.114
純文学の定義が分からん

25: 2017/10/11(水) 19:21:38.964
>>11
文学のための文学
推理小説とかホラー小説は謎解きとか怖がらせるとかなんらかの目的のために書かれてるけど、
純文学は文章を書くことのみが目的になってる

12: 2017/10/11(水) 19:05:33.894
スケールが大きいほど純文学からかけ離れるんだが
まあギュンター・グラスの『ブリキの太鼓』あたりがマシかな

17: 2017/10/11(水) 19:07:56.621
>>12
そんなことないと思うけどな
純文学に私小説のイメージが付き過ぎてるだけじゃね

15: 2017/10/11(水) 19:06:04.278
せっかくだしわたしを離さないででも読め

17: 2017/10/11(水) 19:07:56.621
>>15
日の名残りの方が好き

16: 2017/10/11(水) 19:07:24.468
古事記物語

18: 2017/10/11(水) 19:10:03.419
>>16
鈴木三重吉のやつ?
スケールはそりゃ大きいだろうけど、純文学とは違わね?

19: 2017/10/11(水) 19:12:58.388
頑張って探す
フォークナー『アブサロム、アブサロム!』
大江健三郎『万延元年のフットボール』
紫式部『源氏物語』
ドストエフスキーは宗教小説なので除外
トルストイ、ヘミングウェイは純文学ではない

21: 2017/10/11(水) 19:16:59.355
>>19
一族の歴史みたいなのを書いたのは強いよな

20: 2017/10/11(水) 19:14:38.980
世界終末戦争

大統領になろうとした男が書いた作品だと思うと味わい深い

21: 2017/10/11(水) 19:16:59.355
>>20
リョサは翻訳された作品全て読むつもり
楽園への道と緑の家は読んだ

22: 2017/10/11(水) 19:18:03.714
愛と幻想のファシズム

27: 2017/10/11(水) 19:22:01.730
>>22
まだ読んでないけど、希望の国のエクソダス大好きだからそれも多分気に入ると思う

33: 2017/10/11(水) 19:30:06.696
>>27
スケールがどうと問われると答えづらいが俺はおすすめするよ
最後の解説がしっかり仕事しているからちゃんと解説も読んでね

35: 2017/10/11(水) 19:31:45.311
>>33
岩波文庫の解説だよね?
おっけ

37: 2017/10/11(水) 19:36:36.367
>>35
そう岩波です

23: 2017/10/11(水) 19:18:08.454
フアン・ルルフォのペドロ・パラモ
最近読んだが美しかった

27: 2017/10/11(水) 19:22:01.730
>>23
これってスケール大きいの?
ちょっと読んでみようかな

24: 2017/10/11(水) 19:19:08.699
町田康の告白
個人の内面ばかりだけど

26: 2017/10/11(水) 19:21:43.132
ラシュディのなんか
悪魔の詩とかスケールデカくて面白い
純文学かどうかは微妙なところ

32: 2017/10/11(水) 19:27:35.317
>>26
作品よりも周囲のエピソードに気をとられて、下手なホラー小説よりも怖い読書体験ができそう

28: 2017/10/11(水) 19:22:37.145
わからん
じゃあ古井由吉とか?

32: 2017/10/11(水) 19:27:35.317
>>28
古井ってまさに日本文学って感じでめちゃくちゃスケール小さくね
何の作品?

36: 2017/10/11(水) 19:32:41.563
最近オルハン・パムクが気になってるんだけど、雪とか私の名は紅ってスケール大きい?

40: 2017/10/11(水) 19:40:05.898
>>36
白城だっけ?しか読んだことないんだけど宗教観が交錯しまくったりメタ描写が出てきたりある意味ではスケール大きいに入るのかなと思う
ただおれはあんまし好きじゃないかなw

42: 2017/10/11(水) 19:44:05.566
>>40
宗教観が面白そうで読んでみたかったんだけど、メタ描写とか出てくるのか
宗教については期待に応えてくれそうだが、メタに関しては読んでみないと分からんな

39: 2017/10/11(水) 19:39:02.330
スケールねぇ
人間の内面を描かない純文学なんてあるか?
SFならいくらでも思いつくが

41: 2017/10/11(水) 19:41:14.962
>>39
書くなとは言ってない
それに終始するのを求めていないってだけ

44: 2017/10/11(水) 19:47:39.586
>>39
スケールとか内面描写メイン以外を求めて純文学読むのは的外れだと思うわ

46: 2017/10/11(水) 19:51:55.368
>>44
内面描写はわかるけど、スケールが大きい純文学ってそんなあるか
そもそもスケールって何だよって話だけど、国と国を飛び回ったりするようなハリウッド的なのは確実にエンタメ側だし
宗教的世界観が大きい純文学とかはあるけど、ああいうのって結局内面描写のスケールが大きいって感じなような

48: 2017/10/11(水) 19:53:52.212
>>46
抽象的すぎるよね
そもそも純文学に限定する意味がわからんし

49: 2017/10/11(水) 19:54:15.951
>>46
百年の孤独とかスケール大きいやん
日本文学だったらねじまき鳥クロニクルとかも良い

45: 2017/10/11(水) 19:51:09.027
ポールオースター大好き
たぶん俺が死ぬまでにノーベル文学賞は取るはず

47: 2017/10/11(水) 19:52:36.995
五味川純平は純文学でもないのかなぁ。大西巨人とかもどうだろう
その辺の定義がよくわかんない
いっそ芥川賞候補常連だった舞城王太郎でディスコ探偵水曜日とか言ってみる

50: 2017/10/11(水) 19:57:40.998
村上春樹()

51: 2017/10/11(水) 19:58:54.429
裏声で歌へ君が代

53: 2017/10/11(水) 20:01:42.790
>>51
丸谷才一は笹まくらだけ読んだことあるんだけど、めっちゃ面白かったからそれも読むわ。期待

56: 2017/10/11(水) 20:03:02.785
丸谷才一は小説もいいけど随筆や批評もいいよね

59: 2017/10/11(水) 20:11:25.972
中村文則の教団Xはスケールが大きいだけでつまんなかった

61: 2017/10/11(水) 20:13:41.868
>>59
銃もダメだた?

65: 2017/10/11(水) 20:21:36.074
>>61
銃は良い作品だ
遮光と土の中の子供はダメ
次は評価の高い掏摸、赤の仮面のルール、何もかも憂鬱な夜にを読んでみたいと思ってる

60: 2017/10/11(水) 20:12:18.923
ラシュディの「真夜中の子供たち」とか
エリクソンの「黒い時計の旅」

65: 2017/10/11(水) 20:21:36.074
>>60
黒い時計の旅って初めて聞いた
調べてみるわ

63: 2017/10/11(水) 20:18:08.556
リョサ 世界終末戦争
マッカーシー ブラッドメリディアン
コンラッド ノルトローモ
ユゴー レ・ミゼラブル トルストイ 戦争と平和
文学か微妙だけど風と共に去りぬ

64: 2017/10/11(水) 20:20:59.210
ブラッド・メリディアンはよかった

66: 2017/10/11(水) 20:23:10.962
>>63,64
マッカーシーはザ・ロードだけ読んだ
ブラッドメリディアンは昔から気になってるからいつか読む

71: 2017/10/11(水) 20:35:29.036
イタロ・カルヴィーノ『見えない都市』
ドリス・レッシング『シカスタ』
ウィリアム・ゴールディング『可視の闇』
ジム・クレイス『隔離小屋』
ハリ・クンズル『民のいない神』

この辺が好き

74: 2017/10/11(水) 20:40:51.100
>>71
見えない都市しか知らない
詳しいな

75: 2017/10/11(水) 20:44:51.302
>>74
イタロ・カルヴィーノと他は作風違うが世界と個人みたいなテーマに興味あるなら面白い、はず

68: 2017/10/11(水) 20:25:53.561
上で書いたけどさポール・オースターだめかい?孤独の発明とかムーンパレスとか面白いよ

69: 2017/10/11(水) 20:28:44.761
ポールオースターならリヴァイアサンとかのがスケールデカいかも

70: 2017/10/11(水) 20:35:22.431
>>68,69
ポール・オースターは何作か読んだけどガラスの街がいちばん好きだな
リヴァイアサンは読んだことないから読んでみるわー

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1507716013/